透析

透析にはいろいろと種類があります

腎臓はまさに体内のろ過装置の役割を果たしています。水分もそうですし、血液のろ過もしています。ですから、その機能が落ちることによって死にいたることになります。ですから、極端に腎臓の機能が落ちた場合、透析と呼ばれる医療行為を行うことになります。
やり方はいろいろとあるのですが、そのひとつが腹膜透析と呼ばれるものです。この透析の方法というのは、実は大きな特徴があります。それが自宅で行うことができる透析なのです。血液透析というのもあるのですが、こちらは病院でやることになります。
しかし、腹膜透析の場合は自分の腹膜を使うことになりますから、自宅でやることができます。自宅で、寝ている間にすることができるようになりますから、とにかく手間がかからないのです。どうしても病院に通うことになりますと生活スタイルがガラリと変わることになります。週に三回くらいは通うことになりますから、多くの人がそのまま社会的な活動をある程度やめざるをえない、ということになります。
しかし、腹膜透析であれば多少はそれを変えないで済むようになります。さすがに透析をする、となりますとどんな生活でも変えないで済むことはありませんが、それでも腹膜透析ならば少しは負担が軽くなります。

おすすめの記事

TOP